自然と人、心と体の調和のためにできること。八馬登庵(やまとあん)。

postheadericon 自然と人、心と体の調和のためにできること

わたしたちが触れるすべてのものは、それが人工物であれ自然のものであれ、
いわば「すでに存在するものから受け継ぎ、預かり、借りたもの」に他なりません。
たとえ新しく生み出されたものがあっても、それはすでに存在するものが、形を
変えたに過ぎないものです。

やがて、わたしたちが生を終えて世を去るとき、わたしたちの触れたもの
すべては、あとに残った存在へ、様々な形で遺されることになります。

そう考えたとき、「今、わたしたちが触れているもの」が、はたして、「後世へ
遺されるべきもの」かについて、もっと気を配る必要がある、そう、思い至り
ました。

自然と人、心と体の調和のために、ひとつひとつのふるまいに心を配る存在
でありたい。八馬登庵は、そんな思いから生まれました。

QLOOK ANALYTICS